ファクタリング違法業者の特徴

ファクタリングを債権(売掛金)の買取による売買契約として行っている場合には、貸金業者としての登録は不要です。ところが中には、債権(売掛金)を担保とした融資の形で取引をする、偽装ファクタリングの違法業者も存在します。

偽装ファクタリングの違法業者の特徴

売買契約ではない(契約書が存在しない)

偽装ファクタリングの違法業者は、契約書に売買契約であることが記載されません。契約書の作成も行わないケースもあるようです。

債権(売掛金)の査定額が低すぎる

債権(売掛金)の査定額が低すぎる場合も、違法業者の確率が高くなります。例えば、債権の金額が100万円だった際に、査定額が20万円~30万円ほどの場合には、債権を担保とした融資の可能性が高いでしょう。

手数料が高額

一般的なファクタリングの手数料の相場は、5%から25%と言われています。2社間ファクタリングの方が、3社間ファクタリングよりも、手数料が高めに設定されることが多いようです。

一方、違法業者の場合、内訳が不明な手数料や、債権譲渡登記や司法書士への報酬などを含めた高額な手数料が見受けられる傾向があります。

償還請求権や買戻請求権の付帯に注意

償還請求権とは、売掛先の企業の経営破綻などで債権(売掛金)が回収不能となった際に、ファクタリング事業者より申込者の企業に対して、損害の請求ができる権利です。

買戻請求権は、売掛金の回収ができなかった場合に、ファクタリング事業者が買い取った債権(売掛金)を、申込者の企業に買い戻しをしてもらう権利です。

ファクタリング契約を結ぶ前に、必ず償還請求権や買戻請求権についての記載を確認することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です