ファクタリングの違法事例~契約書のチェックポイント

ファクタリングは債権(売掛金)の買取による資金調達方法です。買取による売買契約のため、必ずしも貸金業者登録が義務付けられているわけではありません。

そのため、貸金業者として登録をしていない「闇金」と呼ばれる違法業者による、ファクタリングを装った貸付をしているケースが見受けられます。

中には実在する貸金登録業者の登録番号を無断で使用し、ダイレクトメールやFAX、電話やホームページにて勧誘を行う違法業者も存在するほどです。

金融庁「違法な金融業者にご注意!」
https://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/#05
「違法な金融業者に関する情報について」
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf

ファクタリングの契約書のチェックポイント

売買契約書であるか?

ファクタリングの申し込みの際、契約書の名称が、売買契約書であれば問題ありません。債権買取申込書や売掛金債権売買基本契約書の場合には、ご注意ください。

事務委託契約書

ファクタリングの申込者(債権の売主)に回収業務を委託する契約です。

回収業務を委託するだけでなく、売掛金が回収できなかった際、申込者だけでなく、設定した連帯保証人に対して請求が可能な契約となっている場合、「金銭消費貸借契約」に該当します。

つまり、ファクタリングの契約ではないということです。

債権譲渡担保設定契約書

申込者が買取を希望する債権(売掛金)以外の売掛先を記載させることで、担保として設定し、貸付をするための契約書です。事業者は貸金業登録が必須となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です