不動産仲介の疑問点を解決①仲介手数料

不動産仲介なんていらない!となる原因には、インターネット上で物件情報がチェックできる点があげられます。

もしかすると、不動産のオークションサイトなどで、個人間売買にて、一戸建てやマンションを無事購入できた方もいるかもしれません。そういった点から、(仲介手数料がかかる)不動産仲介なんていらない!という意見が登場するようになったことが予想されます。

仲介手数料の計算式

仲介手数料は、400万円超のマンションや土地などの売却価格に対して、(売却価格×3%+6万円)×1.10(消費税)で算出されます。2000万円の売却価格では、(2000万円×3%+6万円)×1.10(消費税)=726,000円が仲介手数料の上限金額です。

賃貸物件に関しては、月額賃料の半月分から1ヶ月分が仲介手数料として、契約時に請求されます。

仲介手数料は値下げ交渉が可能?

仲介手数料は前述した計算式にて、上限金額が算定されます。あくまでも上限金額のため、それ以下の金額に設定してもまったく問題ありません。上記の2000万円の物件の場合、70万円の仲介手数料とすることも可能です。

ただし、仲介手数料の値下げ交渉をする際には、仲介を依頼する媒介契約を結ぶ前に行うのが無難でしょう。売買契約が締結されてからの値下げ交渉は、トラブルの要因となることから、あまりおすすめできません。

仲介手数料が半額や無料の不動産仲介業者もある

不動産仲介業者によっては、仲介手数料を半額または無料に設定しているところもあります。仲介手数料を節約したい方は検討の余地があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です